天然100%ヘナ hanahenna ハナヘナ

こだわりのトリートメント

インド原産天然成分が100%の手選別した本物のヘナ

素髪のための疎水性トリートメント「天然ハーブ100%ヘナ ハナヘナ」

ナチュラル・インディゴ・アワル

ハナヘナ天然ハーブ100%ヘナ
hana henna 天然ハーブ100%ヘナ

 

 ヘアカラーが合わない、体に優しい方がいい、ヘアカラーを止めていきたい、白髪はぼかす程度でいい・・・

など

 

ヘナとはインド原産のミソハギ科の植物で、その葉をつぶして粉にして水に溶いて使います。

ヘナは化学的なカラー剤と違い、アレルギーが99.9%ありません。(安全第一に植物アレルギーの方は無理に施錠はしません)

 

髪や頭皮に負担をかけることなく髪を染めるほか、髪にツヤやハリコシを与えてくれるため天然のトリートメントとしても使うことができる、それがヘナです。

また、インドでは髪の健康や身体のデトックス効果を求めて昔から使われてきました。頭皮の毛穴の汚れも取れ、育毛効果も期待できます。

ハナヘナ
hana henna 天然ハーブ100%ヘナ

 ハナヘナはヘナとは別物と考えてください。

一般に出回ってるヘナは何かが混ざっていて、天然100%のヘナではなかったりします。

 

ヘナは製造工程の段階で小石や枝が混ざっていたり、透明のヘナ(アワル)を混ぜ込んで量をかさ増ししてるものが多く、天然100%のヘナは染まりが悪いとされてきました。

 

染まりが悪いから、ケミカル染料を混ぜこんで染まりやすくする。

 

こうやって天然100%を謳いながら、アレルギーの原因となる染料を加えているものが多くあり、トラブルが続出し2007年には国民生活センターから全て回収になるような騒ぎまで起きてしまいました。そしてヘナの悪しきイメージとなってしまったのです。

 

染まりが悪いからといって染料を混ぜ込むのではなく、出来る限り葉っぱの純度・品質を高めることで、ヘナの良さを最大限高めた信頼できるヘナ、それが『ハナヘナ』なのです。

 

どれだけ不純物を取り除けるか、そこが特に重要になってきます。

 

ヘナの染まり具合は葉っぱに含まれる色素の量、つまり濃度と関係があるので、より純粋に葉っぱだけのほうが染まりがいいのです。

手選別だからこそ、より葉っぱの純度が高く、より品質の高いヘナ、それが『ハナヘナ』です。

 

 

ハナヘナで白髪染め

白髪染め
ビフォー
ハナヘナで白髪染め
アフター


ハナヘナで白髪染めはあまりしっかり染まりませんし、ぼかす程度と思っていていいと思います。 

ヘナの失敗は白髪染めとしてしまうからなんです。

アフターの写真は、ナチュラル+インディゴで染めた事例です。

カラー剤でアレルギーが出てしまった方はハナヘナをお勧めしています。ただ植物アレルギーがある方はインディゴに反応することがあるので全ての人に会うとは限りませんので、しっかりカウンセリングをしましょう。

ダメージヘアにもいいハナヘナトリートメント

ダメージヘアにはトリートメント!?

パーマや縮毛矯正など様々な理由でダメージをしてしまいますが、そんな時頭によぎるのが「トリートメント」ですね。

やってもやっても良くならない場合があります。そんな経験はないですか?

 

良くならないのは皮膜トリートメントが合わないケースもあるんです。

ダメージヘアー
パーマでダメージしてトリートメントしても良くならなかった事例

ノン皮膜トリートメント!?

ダメージヘアにはノン皮膜タイプがいい場合があります。

皮膜系を使っても良くならない方は「ハナヘナ」がオススメです。

 

 

ハナヘナトリートメントした髪
ハナヘナ(ナチュラル)でトリートメントするとここまで良くなります。ちなみに乾かしただけです。